新年によせて

新年の幕開けを迎えるにあたり、ご挨拶申し上げます。
組合員の皆様におかれましては、日頃より生協事業にご理解、ご協力をいただきありがとうございます。

今年度は生協のミッションでもある地域社会への貢献に力を注ぎ、さまざまな取り組みを進めております。
なかでも注力しているのが、中期計画の課題のひとつ「食育」にスポットを当てた「産直絵本」の製作です。
『おおきな おおきなサンドイッチ』と題したこの絵本を通じて、地域の食文化、つくる楽しみ・食べる喜びを、未来を担う子どもたちに伝えていきたいと考えています。
子どもたちが健やかに成長し、食への理解を深めていくための、絵本は力強い手段です。
ここから始まる良い流れが社会全体に広がることを期待しています。
絵本が完成した暁には、わたしたちが暮らす地域の幼稚園や保育園にお届けし、活用していただければと考えています。
このプロジェクトにご協賛いただいた組合員のみなさま、地元生産者のみなさまに心より感謝を申し上げます。

一方、私たちを取り巻く状況は、気候変動、マイクロプラスチック問題、貧困問題など、課題が山積みです。
ひとり一人が足元のくらしを見直し、地域社会に対して関心を持つことはもちろんのこと、生協としても地域の様々なプロジェクトに参画するなど、安心して暮らせる社会づくりに貢献していきたいと考えています。
そして、嬉しいお知らせがございます。
本年は自然派くらぶ生協の創立50周年を迎える節目の年となります。
全国の素晴らしい生産者・メーカーの皆様との出会いがあり、様々な場面で多くの方々に支えられ、成長することができたことを感謝いたします。
そして、生協の礎を築いてくださった歴代役員の方々と組合員の皆様に心から敬意を表します。
50年の歴史の中で培った信頼と絆を大切に、これからも着実に歩んでいく決意を新たにしております。
共に考え、より良い未来を築いていきましょう。
2024年が皆様にとって、ますます充実した一年となりますようお祈り申し上げます。

自然派くらぶ生活協同組合
理事長 菊地あゆみ