2020/04/09

新型コロナウイルス感染症蔓延に伴う購買事業(宅配)方針

自然派くらぶ生活協同組合

 

日頃より自然派くらぶ生活協同組合をご利用、ご愛顧いただき感謝申し上げます。

 

この間、購買事業においてマスク、除菌関連商品、紙製品をはじめとし、食料品に及ぶまでたくさんのご注文を頂いております。想定を上回る受注量で、一部欠品・遅配・代替が発生しており、皆様にご不便をおかけしておりますが、生産者・メーカーに最大限のご協力を頂き、可能な限り欠品・遅配のないよう努めてまいりますので、引き続きご利用を宜しくお願い致します。

 

4月8日に発出された緊急事態宣言を受け、様々な事に自粛・制限がかけられました。しかし、組合員の暮らしを支える生活協同組合におきましては、生活に欠かせないライフラインとして、以下の事を方針とし、今後も皆様に商品をお届けしてまいります。
1人1人の行動が今後を左右する重要局面に入っておりますので、ご心配が絶えないことと存じますが、適正に情報を得ながら冷静な対応心がけ、共にこの難局を乗り切ってまいりましょう。手洗い、手指除菌を行う事、また、マスクをすることで口・鼻を手で触れる機会を少なくでき、かなりリスク軽減になるといわれています。手指除菌は新型コロナウイルスにかなり有効に働くといわれていますので、手洗い、手指除菌、うがい、マスクを日々の習慣に。また、免疫力の高まる食事をお勧めします。発酵食品、抗酸化作用のある野菜・食品等を積極的に摂り、バランスの良い食生活を心掛けてください。

………………………………………………………

 

<購買事業継続に関する対応方針>

 

■組合員、従業員の健康と安全を考慮して、マスク着用での配達、消毒スプレーを携帯し、消毒を行いながら配達いたします。

 

■3密(密閉、密集、密接)の観点から、対面での商品のやり取りを控え、ご指定場所に商品を置かせていただく『置き配』を基本とさせていただきます。

※…対面での商品の受け渡し、空き箱の回収等のご要望がありましたら、個別のご相談とさせていただきます。

 

■商品の欠品情報及びその他情報につきましては、随時ホームページ上で発信できるように調整中です。方針に関する追加・変更事項がありましたら、こちらもホームページ『生協からのお知らせ』ページにて、配信していきます。

 

■商品をお届けする準備をするための(生協事業所倉庫内での)セット作業につきましては、基本的に手袋・マスク着用で作業を行い、定期的に手洗い手指除菌を励行しています。

 

■事業所においては、出勤時及び定期的な手洗い、手指消毒の励行、ドアノブの消毒、外勤・内勤問わず就業時のマスクの着用等を行い、感染リスクを軽減する運営を心掛けています。

 

………………………………………………………

 

対応の変化が伴う状況下ですので、今後も適正に見極めながら、緊急度に応じた対応・対策を基に、組合員へお知らせしていきます。

 

………………………………………………………

 

【参考資料】
新型コロナウイルス感染症の主要な感染経路は飛沫感染と接触感染であると考えられています。
2020年4月1日現在、食品(生で喫食する野菜・果実や鮮魚介類を含む。)を介して新型コロナウイルス感染症に感染したとされる事例は報告されていません。
なお、食品や食事の配膳等を行う場合は、不特定多数の人と接する可能性があるため、接触感染に注意する必要があります(※)。食器についても同様で、清潔な取扱を含め十分お気をつけ下さい。
※接触感染は新型コロナウイルス感染症の主要な感染経路の1つです。
コロナウイルスは熱(70度以上で一定時間)及びアルコール(70%以上、市販の手指消毒用アルコールはこれにあたります)に弱いことがわかっています。製造、流通、調理、販売、配膳等の各段階で、食品取扱者の体調管理やこまめな手洗い、手指消毒用アルコール等による手指の消毒、咳エチケットなど、通常の食中毒予防のために行っている一般的な衛生管理が実施されていれば心配する必要はありません。WHOからの一般的な注意として「生あるいは加熱不十分な動物の肉・肉製品の消費を避けること、それらの取り扱い・調理の際には注意すること」とされています。

 

出典…新型コロナウイルスに関する Q&A(関連業種の方向け)厚生労働省ホームページより

お申し込み・お問い合わせはこちらから

お申し込み・お問い合わせはこちらから