農産物は一般の市場から調達しません。

信頼を第一とするため農産物はすべて産直です。八王子の地場野菜生産者をはじめ、各地 の生産者と取引しています。農産物は天候に左右されるため、不作となることがあります。そのような場合には産直契約をしているほかの産地の作物で代替しま すが、市場からの調達は一切いたしません。


  塩酸で抽出したタンパク加水分解物を添加した食品は取扱いません。

タンパク加水分解物は化学調味料の代わりに使用されていますが、塩酸による抽出過程では発がん性のある不純物が生成されます。
自然派くらぶ生協で使用を許可しているのは、煮出す方法や酵素抽出のタンパク加水分解物のみです。


  端肉などを結着剤で人工的に固めた成型肉は扱いません。

鶏肉・豚肉・牛肉はすべて産直取引をしています。一般に出回っている人工結着した成型肉には横隔膜などの組織も使われていることが多いため、内容品質はもちろん、細菌汚染なども心配です。
自然派くらぶ生協では本物の肉だけを扱います。


  石油系タール色素やコチニール色素は使用しません。

着色料は基本的に不必要と考えています。石油系は「○色○号」などと書かれているもので発がん性が疑われています。コチニール色素はサボテンに着くダニをすりつぶしたもので、遺伝毒性があると言われています。


  ピレスロイド系殺虫剤は取扱いません。

ピレスロイドは化学合成された殺虫剤。毒性が強く、感覚異常など神経系への影響、また、喘息など免疫系・内分泌系に深刻な影響を及ぼします。殺虫剤、衣類用の防虫剤、蚊取り線香ともに、ピレスロイド系でないものを選定しています。


  危険な成分の含まれる合成界面活性剤は取扱いません(化粧品は除く)。

界面活性剤は化学物質から体を守るという皮膚の防御機能を壊してしまい、皮膚障害はもちろん、内臓障害をも引き起こします。また、分解しにくいために河川の汚染など環境にも被害を与えます。体にやさしく環境負荷も少ない石けん製品を扱います。